検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 岩手・宮城で党新春街頭演説会に参加

 1月2日は岩手県盛岡市内で行われた党岩手県本部の新春街頭演説会に、3日は宮城県仙台市内で行われた党宮城県本部の新春街頭演説会に参加、今年夏に行われる参院選の大勝利へ向けてスタートを切りました。
 「生活与党・公明党として、生活者の目線に立った改革に取り組んでいく」と年頭の決意を述べるとともに、年金改革や子育て支援などのマニフェスト(政策綱領)の実現、また連立政権での公明党の成果や実績を力強く訴えました。(1月2,3日)
 1月5日午後、恒例の2004年の事務所開きを行いました。

 80人を超える方々の出席をいただき、和やかなうちにも決意新たな新年の出発ができました。
 私からは、景気やイラク問題等内政外交ともに課題が山積していますが、懸命に新しい時代を切り拓く一年にするとの決意を披瀝させていただきました。(1月5日)
 1月5日の早朝「仙台卸売市場」で行われた水産、青果等の「初セリ」に参加しました。

 活気あふれる「初セリ」に気持ちが引き締まる思いでした。
今年は市場法の改正も予定されており、仙台100万市民の台所を担うにふさわしい、市場に発展できるよう関係者の皆様とも意見交換しながら、しっかりと取り組んでいきたいと決意しています。(1月5日)
  • イラン大地震の被災者救援で街頭募金

 成人の日の12日午後、仙台市中心部でイラン大地震の被災者救援のため街頭募金を公明党宮城県本部並びに「イラン地震被災者を救援する宮城県民の会」の方々と共に行いました。
 昨年末、イラン南東部の古都バムを襲った大地震による死傷者は7万人以上もにのぼり、被災者の多くが今なお住む家もなく、寒い中でテントや毛布、医療品、食料等の支援を待望んでいることを訴え、募金への協力を呼び掛けました。これに対して、多くの市民・県民から真心の支援が寄せられました。心より感謝申し上げます。(1月12日)
  • 宮城・名取市議選がスタート

 定数2減の激戦となった名取市議選が、1月18日告示になり、わが党からは、ほしい敬子(現)、菊地しのぶ(新)の両候補が立候補、25日の投票日をめざし選挙戦が開始されました

 私も、この日の両候補の応援にかけつけ、菊地しのぶ(新)候補の告示第一声(写真)で、菊地候補の誠実な人柄や政策等を紹介、16年ぶりの2議席奪取へ、全力投球の決意です。(1月20日)