検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 「来年度予算概算要求」で細田官房長官に申し入れ

 8月2日(火)、首相官邸に細田博之官房長官を訪ね、小泉純一郎首相あての来年度(2006年度)予算概算要求の最重点項目について申し入れを行いました。

【少子化対策・次世代教育支援の拡充】
 重要課題になっている少子化対策について、「政府一体で省庁横断的な取り組みが不可欠だ」と強調した上で、①専任の次世代育成支援特命大臣の設置 ②児童手当の支給対象の小学校6年生までの引き上げ ―など、子育て支援策の一層の拡充を要請しました。

【歳出構造改革、ムダゼロ推進】
 効率的な歳出構造改革、ムダゼロ推進について、「国民の行政に対する目は非常に厳しい」と指摘した上で、①政府の「行政効率化省庁連絡会議」を格上げし、首相指揮の対策本部の設置 ②国家公務員の定員を5年間で10%削減、一層の純減への対策強化 ―を求めました。

【アスベスト(石綿)対策】
 問題のアスベスト(石綿)対策では、被害の実態調査を行った上で、被害者に対して新法制定を含めた包括的な救済策を講じる必要性を強調しました。

【追悼・平和祈念施設の建立について】
 戦没者などの追悼・平和祈念施設の建立に関しては、施設の種類、名称、設置場所などに対する調査研究を行うための予算確保を要請しました。

 このほか、申し入れでは、①国民の生命を守る「安全・安心」の社会の構築に向けた予算の重点化 ②年金制度の安定化に向けた取り組みの強化 ③三位一体改革の推進 ④科学技術、文化芸術の振興 ⑤ベンチャー・中小企業支援の拡充 ⑥わが国にふさわしいODA(政府開発援助)水準の確保――などについて、来年度(2006年度)予算概算要求に盛り込むよう求めました。


 細田官房長官は、子育て支援の強化について、「経済的支援だけではなく、育児休暇などに対する企業の対応が重要だ」との認識を示したほか、アスベストによる被害に関して、「どれだけ広がっているのか、今月(8月)中に実態調査を行い、これを踏まえて対策を検討したい」と強調。
 また、戦没者追悼施設の建立に関して、小泉首相が検討中であることを報告した上で、世論調査で靖国神社とは別に国が無宗教の追悼施設をつくることに60%以上が賛成している結果について触れ、「公明党と一緒に総理と話をする機会をつくりたい」との見解を示しました。