検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

 2月5日(日)、青森、岩手、秋田の北東北3県知事と公明党との意見交換会が、岩手県盛岡市内で開催されました。

 これには、三村申吾青森県知事、増田寛也岩手県知事、品田稔秋田県出納長が出席。党側からは、渡辺孝男参院議員、各県代表らが出席しました。北東北3県に共通する政策課題について率直に意見を交換し、地域活性化に役立てようと開かれたもので、昨年(2005年)1月に続いて今回が2回目です。

 意見交換会では、(1)小児科や産婦人科の医師確保(2)地震・津波防災対策の充実(3)豪雪災害への財政支援――など6項目について討議。「医院の開業要件に医師不足地域での診療経験を盛り込むなど抜本的な制度改革が必要」(三村知事)、「災害対策は国の責務であり、近い将来に発生が予想される宮城県沖地震に対する万全の対策を」(増田知事)、「記録的な豪雪により農林水産業への深刻な打撃が懸念されており、財政的支援を充実してほしい」(品田出納長)などの要望が出されました。
 地域の意見を真摯に受け止め、政府・与党の具体的な政策に反映させていきたいと思います。


北東北フロンティア会議

 会合に先立ち、党の北東北3県本部の所属議員らでつくる第2回「北東北フロンティア会議」が行われました。
 (1)地場産業の振興 (2)少子高齢化やそれに伴う過疎化 (3)広域救急医療 ―などの地域課題について、意見交換等を行ました。
 今後も活力と希望あふれる北東北の実現に向け3県との連携を図り、積極的に政策提言をしてまいります。