検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

長根たかし予定候補(写真左)

 3月4日(土)、宮城県気仙沼市内で行われた党仙北総支部時局講演会に出席し、挨拶しました。これには、石橋信勝県代表(県議会議員)、植田耕資仙台市議会議員ら多数の議員が出席しました。

 挨拶に立った私は、ライブドアをめぐる送金指示メール問題について、国会を混乱させた上、民間人の名誉を傷つた民主党の永田寿康衆議院議員の責任を厳しく指摘。その上で、「政治家として自ら出処進退を決するべき」と述べました。

 公明党が一貫して推進してきた児童手当や出産一時金などの少子化対策について、昨年の衆院選のマニフェストとして掲げた、児童手当の支給対象年齢が今年4月から小学3年から小学6年まで拡大する事など、公明党の実績を紹介した上で、生活者の目線にたった政策実現を今後も全力で取り組む決意を述べました。

 また、気仙沼市と唐桑町の合併に伴い行われる気仙沼市議会議員選挙について、「長根たかし予定候補(唐桑町議会議員=現職)を擁立し、全力を尽くしたい」と長根候補の人柄と実績などを紹介し、絶大な支援を訴えました。


気仙沼市は今年の3月31日に唐桑町と合併して新しい「気仙沼市」となります。気仙沼市ホームページ