検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

 9月2日(土)午後、岩手県盛岡市で開かれた公明党「列島縦断フォーラム」に浜四津敏子代表代行らと共に出席しました。これには、公明党から渡辺たかお参院議員(参院選予定候補=比例区)、丸谷佳織衆院議員らが参加。自治体をはじめ、産業界、教育界、NPO(民間非営利団体)などの幅広い団体の代表者らと地域の課題などについて意見交換をしました。

 冒頭浜四津代表代行は、公明党が7年前に連立政権入りし、(1)金融危機に直面していた日本経済の活性化(2)クリーンで生活者の目線に立った政治が実現(3)急激な少子高齢化で持続可能性が揺らぐ社会保障制度の立て直し――の3点が大きく前進したことを強調。今後は、「地域が輝く社会」を構築するため、地域問題は地域が決める分権社会をめざし、きめ細かな政策を展開するとともに、地域の自立と再生を強力に支援する決意を示しました。

 意見交換では、団体側から(1)まちづくりや中小企業支援策の拡充(2)育児保険導入による子育て支援の推進(3)食料自給率向上政策の強化――などの要望が出されました。自治体の代表は、「地方財政を自立させる制度改革が必要」(増田寛也・県知事)、「地域医療の充実・確保を講じてもらいたい」(県市長会会長の谷藤裕明・盛岡市長)――などを求めました。

 これに対して私は、次期臨時国会に提出予定の「新地方分権推進法案(仮称)」の成立によって地方自立の流れをさらに本格化させる考えを示すとともに、「深刻な医師不足の解消に総力を挙げる」との見解を示しました。