検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

 3月29日(土)、岩手県の東和町・大迫町・石鳥谷町・花巻市を訪問し、地域課題について視察を行うとともに地域懇談会に参加しました。(写真は石鳥谷町洪水被害地の視察模様)

 まず東和町の肉牛畜産農家を視察、生産者から要望を聞きました。「肉用牛生産者補給金制度」や「肉用牛経営安定対策事業」、「配合飼料価格安定制度及び価格差補填」など、畜産に対する国の支援政策についての陳情・要望が寄せられました。
大迫町では、地元のエーデルワイン工場を視察した後、地場産業及び商店街の関係者と意見交換。市街地活性化対策として「中山間地域等直接支払交付金のような国の直接補助支援をやってもらいたい」との意見も出されました。
 石鳥谷町では、まず洪水被害地を視察。町内の公民館で、農業者・林業関係者・教育関係者など地域住民の方々と懇談会を行いました。議題は、「石鳥谷地区洪水被害対策の拡充」「水稲農家の経営安定化」など。私は、国の施策の現状を説明するとともに、党として地域課題に全力で取り組むことを話しました。
 花巻市では、商店街関係者や地元建設業関係者の方々と懇談。「ガソリンの暫定税率の維持と混乱回避」「地方への誘致起業対策支援」「中心市街地活性化対策」などについて要望を受け、今後の取組みについて意見を交換しました。花巻市では、懇談会の後、国政報告会も開催され、国会の状況や公明党の取り組みについて講演しました。

 3月30日(日)、秋田県大館市の党員懇談会(写真上段)、大潟村の農協者視察・懇談会(写真下段)に出席しました。

 午前、秋田県大館市の党員懇談会に出席。政局や公明党の取り組みについて報告するとともに、党員の皆様から「党への要望」や「地域課題」について意見をお聞きしました。


 午後は、大潟村で行われた「農業者懇談会」に出席。八郎潟干拓事業(昭和52年竣工)で造成された大潟土地改良施設の経年劣化の現状について、要望懇談を行いました。大潟土地改良区の代表からは、土地改良区が維持管理する幹線用水路のコルゲートU字フリューム水路や排水路横断暗渠管のコルゲートパイプの経年劣化・腐食老朽の実情が示され、計画的且つ早急な施設整備の必要性が訴えられました。また、農業経営の後継者問題や米消費拡大策、食糧備蓄問題等々について具体的な要望や提案を受けました。


  • マンション管理士会連合会から要望受ける

3月25日(火)、私が会長を務める党マンション問題議員懇話会は、衆院第1議員会館で会合を開き、日本マンション管理士会連合会(伊藤茂忠会長)から、マンション長寿命化の推進などについての要望を受け、意見交換をしました。これには斉藤鉄夫政務調査会長も出席しました。
 伊藤会長からは、マンションの計画的な維持管理のために修繕積立金の必要性から、積立金支払額に対する所得税額控除制度の創設に関する要望がありました。
 これに対し、私は党内でも、よく審議し、より居住者の側に立った視点で対策を検討する考えを述べました。

 3月31日(月)、太田代表・斎藤政調会長らとともに、国会内で全国石油政治連盟の森洋会長らと会い、揮発油(ガソリン)税の暫定税率が失効した場合のガソリンスタンドへの支援策について要望を受けました。

 席上、森会長から、①ガソリンへの課税が製油所からの出荷時であるため、4/1に暫定税率が失効すると、4月以降に製油所から出荷されたガソリンとそれ以前のものとの間では価格差が生じる ②しかしながら、激しい価格競争のため、暫定税率が課税された3/31以前のガソリンも(暫定税率分)約25円を4月から下げざるを得ない――など、現状では3/31以前に出荷されたガソリンの暫定税率分が、ガソリンスタンドの負担となることが説明されました。そして経営基盤の弱いガソリン小売業を守るため、「引き下げ分を減税・還付する対策を講じてもらいたい」「また揮発油税の法定納付期間を2カ月延長して3カ月としてもらいたい」等の具体的要望が出されました。
 これに対し公明党は、業界団体と連携を密にしながら、ガソリンスタンドの経営安定を図る対応を政府に申し入れていく考えを述べました。

 4月2日(水)、公明党住宅振興議員懇話会が発足し、私が会長に就任しました。同日衆院第一会館で行われた初会合には、党から太田代表・北側幹事長・斎藤政調会長らも出席、住宅生産団体連合会(住団連)との意見交換も行いました。

 初会合で太田代表は、「豊かな日本を実現するために、住団連とも連携して住宅政策に力を入れたい」と挨拶。北側幹事長は、「税制の抜本改革に合わせて、よい住宅をつくるための住宅税制に変え、住宅基本法の理念を具現化したい」と強調。私は、公明党のこれまでの住宅政策への取り組みと今後の議員懇話会の活動方向について話しました。