検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 東京で国政報告会を開催

 2月5日(木)夜、東京都内で国政報告会を開催し、「政局の動向」「税制改正・第二次補正予算に対する公明党の取り組み」等について講演しました。講演後、参加者一人ひとりと歓談し、近況や国政や公明党への意見・要望を聞きました。国政報告会には、今年7月12日投票日の東京都議会議員選挙に出馬する斎藤やすひろ氏(目黒区)、栗林のりこ氏(世田谷区)も出席しました。

 はじめに、今回の世界金融危機について言及。広まる速さや規模の大きさは、1929年の世界大恐慌以来の深刻さであり、政治家は何としても国民の生活と日本経済を体を張って守っていく責任があると主張。太田代表が代表質問で引用した哲学者アランの「悲観は感情によるもので、楽観主義は意思によるもの」との言葉を紹介し、力強い楽観主義で対処していきたいと決意を披瀝しました。具体策については、①資金供給の確保 ②内需拡大 ③国民生活のセーフティーネットの構築―の3つを柱にした国際協調が必須の課題だと強調しました。
 また1月27日に成立した「第2次補正予算」について論及。定額給付金について「給付するより他の予算に回した方が良いとの批判があるが、今回の経済対策は総額75兆円規模でその中の生活対策として定額給付金2兆円がある。また定額減税を定額給付金に変えたのは、生活対策の本義から所得税・住民税を納めてない方々にも、幅広く恩恵を受けもらうのがベターだと判断した」等を述べました。
 講演の最後に、今年7月12日が投票日と決まった東京都議選予定候補の斉藤やすひろ氏(目黒区)、栗林のり子氏(世田谷区)を紹介。東京都議選の完勝と次期衆議院での東北2議席獲得を目指して全力で戦う決意を述べるとともに、力強いご支援をお願いました。