検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 福島市・仙台市・盛岡市で憲法記念日街頭演説会

2010_0502.jpg

 5月2日(水)、憲法記念日を前に福島駅前、仙台市内、盛岡駅前で行われた党県本部主催の街頭演説会に地元県議・市議とともに参加しました。

 仙台市内の街頭演説で私は、憲法3原則(国民主権主義、恒久平和主義、基本的人権の尊重)を将来にわたって堅持するとともに、その精神を具体化するのが公明党の役割だ、と力説。その上で「憲法制定当時には想定していなかったプライバシーや環境などの問題に対応するため、(新たな権利などを)現憲法に付け加える『加憲』が現実的である」との公明党の憲法に対する考え方を示しました。

 また、今月18日に国民投票法が施行されることに触れ「国民的論議を喚起するために衆参両院に憲法審査会が設置されたにも関わらず、民主党が野党時代、そして与党となっても改憲派と護憲派が混在する党内事情と政局を優先し、審査会での議論に抵抗している」と指摘し、民主党の政治姿勢を批判。一方、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長に関する政治資金規正法違反事件について「国会における説明責任を果たしていない」と強調。小沢幹事長に対し、検察審査会が「起訴相当」と議決したことについては、「国民の政治とカネに対する厳しい意見である」と糾弾しました。

 「政治とカネ」の問題の再発防止策については「政治家が秘書のせいにして言い逃れをしていることが政治不信の要因だ。公明党は、政治家の監督責任を強化する政治資金規正法の改正や企業・団体献金の(全面)禁止に取り組み、再発防止に全力を挙げる」と強調。「古い政治」と決別し、「新しい政治」を主導する公明党への支援を呼び掛けました。