検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

2010_0801.jpg

 8月1日(日)午前、NHK番組「日曜討論」に各党幹事長・書記局長とともに出演し、与党の参院過半数割れによる「ねじれ」が生じた臨時国会での対応などについて大要、次のような見解を述べました。

「ねじれ国会」での公明党の対応について

「反対のための反対はしない。国民の生活、国益をどう守るかという観点に立って議論を尽くす。その上で合意ができれば、当然前に進む」と強調。与野党間の政策協議のあり方については「委員会など国会の場で議論を尽くすことが、国民に対してオープンであり、透明性も確保されるので一番大事」と指摘。

国会議員歳費などを日割り支給に改める法案について
公明党が7月30日に提出した国会議員歳費などを日割り支給に改める法案については、「(新人参院議員の7月の任期が)6日間で1カ月分の歳費をもらうのは、国民感情からいってもおかしい。短い国会だが、きちんと成立させることが、(ねじれで政治が機能不全に陥らないための)一つの試金石となる」と力説。

「政治とカネ」問題の再発防止策について
公明党が前国会に提出した政治家の秘書に対する監督責任を強化する政治資金規正法改正案に関しては、「菅さん(首相)は選挙中、(政治とカネの問題は)『クリアした』と言ったが、何もクリアしていない。再発防止策を実現することも大事だ」と述べました。

菅政権下で初の衆参予算委員会について
今国会で開かれる菅政権下で初の衆参予算委員会については、民主党マニフェストの破たんや「政治とカネ」「普天間」をめぐる迷走など、同党の10カ月間の政権運営の失敗を厳しく追及すると表明。その上で「集中豪雨や口蹄疫などの危機管理や、足下の景気経済が非常に厳しいことなどでも、今の政権の考えをただす」と述べました。

2011年度予算概算要求基準について
政府が一般歳出の上限を前年度並みの71兆円、新規国債発行額を44兆円以下などとして閣議決定した2011年度予算概算要求基準については、「2年連続で税収を上回る国債を発行することになる。財政健全化には値しない」と批判。さらに、財源確保のため全省庁一律で1割削減するとしたことについては、「民主党マニフェストは予算の組み替えで財源を生み出すと言っていた。経済状況が変わって税収が厳しいと言うが、マニフェストでは既存の歳出を組み替えて9.1兆円を生み出すとしている。税収は関係ない」とマニフェストの矛盾を指摘し、「マニフェストが破たんしていることの証左だ」と述べました。