検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

2012_0403.jpg

ふるさと帰還へ支援を
原発の安全確保 さらに
福島県知事 双葉地方町村会から要望


 4月3日(火)、山口那津男代表と共に国会内で福島県の佐藤雄平知事と、東電福島第1原発を抱える双葉郡内8町村で構成する双葉地方町村会(井戸川克隆会長=双葉町長)と懇談し、原子力災害に関する緊急要望を受けました。これには石井啓一政務調査会長らが同席しました。

 双葉地方町村会は、双葉町のほか、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、浪江町、葛尾村で構成。会合には各町村長が出席しました。

 席上、佐藤知事らは、「福島県双葉郡の住民約7万人は、今なお将来の見通しも立たないまま、厳しい避難生活を余儀なくされている」と強調。例えば、浪江町では、事故の前後で介護認定を受ける高齢者が3倍以上に増加したことなどに言及し、避難先での医療・介護の確保なども訴えました。

 その上で、一行は、「住民や自治体の一日も早いふるさとへの帰還に向け、国による迅速で柔軟な対応が必要だ」として、(1)原子力発電所の安全確保(2)避難指示区域などの見直しに伴う必要な措置(3)被害の実態に見合った十分な賠償を迅速、確実に行うこと―などを求めました。

 山口代表は「公明党のネットワークを生かし、要望の実現に取り組む」と応じました。

 一行はこのほか、国との意見交換会で示した双葉郡の要望に対し、国としての考えを明確にして丁寧に説明する必要性を力説。

 また、県土の除染推進や、産業の再生と雇用の確保、災害救助法の適用延長による住居の確保、交通安全施設の復旧も主張。高速道路の無料化が継続される対象のインターチェンジについては、避難住民の居住実態を踏まえた上で範囲を決めるよう求めました。