検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 「結党50周年へ拡大の波を」第38回全国県代表協議会を開催

50.jpg

3月1日(日)、東京都新宿区の公明会館で公明党第38回全国県代表協議会が開催され、今年11月の結党50周年に向けて、全議員の「議員力アップ」をはじめ、さらなる党勢拡大へ具体的な取り組みを確認し、勇躍前進を誓い合いました。

山口那津男代表は「“次の新しい時代”を切り開く決意で『大衆とともに』を体現する行動を展開し、『公明党ここにあり』の姿を示していこう」と呼び掛け、石井啓一政務調査会長は今後の取り組みや政策課題の対応について説明し、府県本部の代表らが党勢拡大の取り組みで活動報告しました。結びに、11日で3年を迎える東日本大震災の復興加速に向けた決議を採択しました。
0302inoue.jpg

私は、全国県代表協議会のあいさつの中で、次の50年に向けた揺るぎない党基盤の構築に向け、「全議員が徹して自身の議員力アップを図るとともに、ネットワークの強化と公明新聞の拡大に挑戦し、党勢拡大のために全力を挙げて取り組んでいきたい」と強調。特に「議員力アップ」について、(1)政策力(2)発信力(3)拡大力(4)現場力―の4つの柱をあらためて確認しました。
今後の具体的な取り組みとして、政策実現力の強化をめざし「1議会1条例の提案」を後押しするとともに、IT(情報技術)の活用や街頭演説運動の充実などを通じて発信力を高めていこうと呼び掛けました。また、住民と協力して問題解決に取り組む「地域サポート運動」を積極的に展開することや、自らが現場に出向く「攻めの市民相談」を開催することが重要とも語りました。
「ネットワークの強化」に関しては「党員は党のネットワークの根っこであり、最も重要な財産だ」と指摘。「地域の課題を相談して地域サポート運動という形で新たに展開したり、支部会を充実させて意見を聞くことにも取り組みたい」と述べ、党員との連携強化を訴えました。



以下、【復興加速決議】

東日本大震災の発災と東京電力福島第1原発事故災害から、まもなく3年を迎える。この間、公明党は「人間の復興」を旗印に掲げ、どこまでも被災者と被災地に寄り添いながら、復興を前へ、前へと進めてきた。岩手、宮城の両県では震災がれきの処理が今月末で完了する見込みで、道路、鉄道などインフラ整備も着実に進んできた。

しかし、今なお、仮設住宅に暮らす10万人を含め約27万人が避難生活を余儀なくされ、長引く避難生活に伴う震災関連死も絶えない。被災者の生活再建やまちづくりは道半ばであり、急がなければならない。また、大震災が小さな子どもたちの心に残した大きな傷痕は、今も癒えることはなく、「心のケア」は喫緊の課題だ。

この厳しい現実に、われわれは真正面から立ち向かわなければならない。本年を「本格復興年」とし、これまでの2倍、3倍の復興加速へアクセルを強く踏み込み、より大胆、かつキメ細かな復興政策の展開に党の総力を挙げて取り組むことを誓い合いたい。

わけても、福島の復興・再生なくして東北、日本の再建はない。われわれは新生福島に向けて、除染や廃炉・汚染水対策、賠償、健康対策、帰還などの困難な課題に総力で挑む。故郷に帰りたいと願う人、新しい天地での生活を選択する人、いずれの人々の思いにも応えられるよう適切な賠償や放射線の安全・安心対策などを含めた総合的な支援策の推進に総力を挙げる。併せて、再生可能エネルギーの導入を推進し、原発に依存しない社会の構築をめざす。

まさに、新しき東北を築く大計は、この1年にあり。復興加速へ、地方議員と国会議員のネットワークを持つ公明党の役割は、これまでにもまして大きい。被災3年を機に、決意も新たに“さらなる前進”を開始しようではないか!!

全国津々浦々、それぞれの地で「風評と風化」の“二つの風”に仁王立ちで立ち向かっていこうではないか!!

「人間の復興」を成就するその日まで、公明党は闘い続けることを、ここに決議する。

2014年3月1日 

公明党