検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

2014_0308_1.gif

被災地の生業再建に全力
健康、心のケア万全に 自公が復興 加速で主張 
防災・減災対策の強化も 安倍首相に申し入れ
風評被害解消を進めよ


3月7日(金)午後、自民、公明の与党両党は首相官邸で安倍晋三首相、菅義偉官房長官に対し、東日本大震災から11日で3年を迎えるに当たり、復興のさらなる加速を申し入れました。

自公両党は、これまで政府に対し、3度にわたって復興に関する具体的な提言を行ってきました。今回は、今なお約27万人が避難生活を余儀なくされている現状を受け、今後、必要とされる対策を取りまとめました。

申し入れでは、与党側は特に、(1)生業(仕事)の再建(2)健康、心のケア対策(3)東京電力福島第1原発事故災害の収束(4)震災を教訓とした緊急時の対応強化――などに力を入れるよう訴えました。

このうち、生業の再建について与党側は、いよいよ被災地の住宅再建が本格化することから、復興の段階が「被災者の暮らしの再建へと移りつつある」と強調。その上で、まちづくりと併せて、被災地の産業育成など経済対策の充実を主張しました。

また、与党側は、避難生活の長期化を考慮して、健康や子どもの教育に関する支援も求めました。心のケアについて私は「震災発生時に幼児だった子どもが、心に傷を負って深刻な問題になりつつある」と指摘し、対応を促しました。

原発事故に関しては、汚染水対策や除染などに加えて、風評被害の解消を要請。緊急時の対応では、首都直下地震や南海トラフ巨大地震などへの備えを説明。この中で私は、「来年3月に仙台市で国連防災世界会議が開催される。そこで、防災・減災を政治の主要なテーマとしてきちんと位置付けるべきだ」と提案しました。

安倍首相は、生業の再建や心のケア、防災対策を進めていく姿勢を表明。風評被害問題では、日本の農水産品を輸入規制している国に対して、「首脳会談などの際に強く主張していく」と答えました。

これに先立ち、公明党復興加速化本部は同日、衆院第2議員会館で会合を開き、これまでの与党提言に対する政府の対応について、政府担当者から報告を受けました。会合では、震災関連死対策の態勢強化や、被災者の立場に立った原子力損害賠償の対応などを政府側に要望しました。
  • 「復興の加速化へ支援を」日本商工会議所から要望

_1.gif

3月7日(金)午後、私と山口代表は国会内で日本商工会議所(日商)の三村明夫会頭らと懇談し、東日本大震災からの復興加速化に関する要望を受けました。

席上、三村会頭は「(発災から)3年もたつと、生活の場と食べる手段があり、コミュニティーができることが大事だ。そういう意味での復興はまだ始まったばかりなので、経済の情勢に合わせて、今までのいろいろな制度を変えていただきたい」と要請しました。

また、被災3県各地の会頭らは「資材価格などの高騰に柔軟な対応を」(岩手・釜石)、「労働力と販路について施策を使い勝手の良いものに」(宮城・気仙沼)、「風評被害と原発事故の損害賠償で国の方向性を示してほしい」(福島・原町)と要望。このほか、社会・経済インフラ(基盤)の整備や本格的な事業再開へ向けた支援などに関して具体的な要望が寄せられました。

これに対し、山口代表は、公明党が与党として復旧・復興に向けた提言を政府に3回届け、具体的に施策を推進してきたと報告。同日にも与党が申し入れることに触れ「ともに復興への歩みを加速させていきたい。(日商の)要望実現へ、党のネットワークを生かして全力を尽くす」と応じました。