検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 記者会見で喫緊課題について見解

_1_20150908153802943.jpg

9月4日(金)午前、国会内で記者会見し、10月5日から日本に住民票のある全ての人に通知される12桁のマイナンバー(税と社会保障の共通番号)について、「まだ国民には十分に周知されていないし、情報漏えいへの不安も依然ある。政府は、制度運用に支障を来すことがないよう、国民生活の利便性向上など十分な広報と周知徹底を速やかにすべきだ」と強調しました。

この中で私は、適切な税負担を促す公平・公正な社会の実現や行政手続きの簡素化などマイナンバー導入の利点を踏まえ、「新たな社会インフラとして大変重要な意義を有し、ほとんどの国民に大きな影響がある」と指摘。党としても、マイナンバー制度の周知徹底などに向け、「推進本部を設置し、地方議会を含め、しっかり取り組んでいく」と主張しました。

参院で審議中の「平和安全法制」の関連法案については、「(法案の参院送付から60日を経過しても議決されない場合、衆院で再可決できる)『60日ルール』の適用は考えていない。参院で結論を出してもらいたい」と述べた上で、60日を超えた場合の対応については、「その段階で参院と協議し、今国会中に結論が出るよう考えていきたい」と語りました。