検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 通常国会が閉幕、両院議員総会を開催

20160601_1.jpg

6月1日(水)、第190通常国会は150日間の会期を終え、閉幕しました。公明党は同日昼、国会内で衆参両院議員総会を開き、参院選勝利へ誓いを新たに出発しました。山口那津男代表と私は、「1億総活躍社会」の実現に向けた施策が前進したことを力説。目前に迫った参院選について、「結束して立ち向かい、断固完勝して政策を力強く実行する。そのために政治の安定が必要であり、公明党がその先頭に立っていこう」と訴えました。魚住裕一郎参院会長、石田祝稔政務調査会長、大口善徳国会対策委員長もあいさつしました。

私は今国会の成果として、成年後見制度利用促進法や改正発達障害者支援法など、公明党が長年取り組んできた議員立法が多く成立したことを紹介。

熊本地震の対応でも、被災地に密着し、迅速に取り組んでいるとして、「東日本大震災で対応してきた経験が生きた。脈々と引き継がれている経験は、党の貴重な財産だ」と強調しました。

一方、否決された民進など野党4党提出の内閣不信任案には、「こじつけとしか言いようがない提案理由だ。ただ内閣に反対というパフォーマンスにすぎない」と指摘。その上で民進、共産両党の賛成討論に触れながら、「安全保障、社会保障、TPP(環太平洋連携協定)などで違いが際立った。政権を担う用意も資格もない」と厳しく批判しました。