検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 強靱な党 構築へ前進 ~全国県代表協議会を開催

20171110_1.jpg

11月10日(金)午後、公明党は東京都新宿区の公明会館で全国県代表協議会を開き、先の衆院選で自公連立政権が信任されたことを踏まえ、政策実現で国民の期待に応えることを誓い合い、党勢拡大への闘いをスタートしました。私や山口那津男代表は、今後の政権運営について、「生活者目線からの政策実現、改革に全力を尽くし、『公明党がいるから安心』との公明党の存在感を示し切っていきたい」と力説。ネットワークの力など「かけがえのない『公明党らしさ』をさらに磨きながら、統一外地方選の連続勝利、2019年の統一地方選、参院選の大勝利をめざし、強靱な公明党を構築する闘いを展開していこう」と呼び掛けました。

冒頭、山口代表は先の衆院選で献身的なご支援をいただいた全国の党員、支持者への謝意を表明。その上で、獲得議席が前回選挙に届かなかったことを「党執行部の責任」とし、新たな決意で党勢拡大に取り組むと述べました。

私は公明党の強みについて、党員や地方議員、機関紙があり、日常的に民意を受け止めることができる特長を挙げ、公明党の揺るぎない基盤の構築へ「党の強みを基礎にしながら、そのネットワークの力を着実に拡大していくことが大事だ」と力説しました。

その上で、「生活者の夢や希望であり続ける党をつくる」と述べ、次の戦いに勝利するため、結束して出発したいと訴えました。

19年の統一地方選、参院選に向けては、統一外地方選を着実に勝ち抜く重要性を指摘。そのためにも、全議員が議員力アップに取り組み、「日常的に地域の中で、もう一歩踏み込んで人間関係をつくり、信頼を積み重ねていこう」と呼び掛けました。

また、公明新聞「電子版」の創刊を発表。来年1月から個人向けにインターネットを通じて紙面配信サービスを開始すると報告しました。