検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 東京で国政報告会を開催

10月9日(水)夜、東京都内で国政報告会を開催しました。国政報告の中では、私の活動や公明党の取り組みを報告するとともに、今の国政の状況と国会論議の現況について説明。直面する内政・外交の課題などについて、私の所見を述べました。国政報告の後、参加された方々と懇談し、国政や公明党の取り組みについて意見交換を行いました。

私は冒頭、7月の参院選での皆様の真心の奮闘に感謝の意を表明。
国政報告の中で私は、9月20日に東京電力福島第1原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)を訪れ、汚染水漏えい対策の現場を視察し、東電側と意見交換したことを報告。汚染水問題について「作業の積み重ねに対する信頼を損ないかねない」として、「政府・与党一体となって総力で取り組む」と強調しました。
また、消費税率引き上げに伴う経済対策として、政府が東日本大震災の復興特別法人税を1年前倒しで廃止する方針を示していることに対し、「この問題については、政府・与党でしっかり連携を取ってやっていかなければならない」と言及しました。
さらに、56年ぶりとなる2020東京五輪の開催が決定したことを紹介。「オリンピックを契機に日本経済に勢いを生み出すことが重要」とし、海外からの訪日客を受け入れる態勢の整備の必要性を強調しました。最後に、今後の公明党の方針と10月15日に召集される臨時国会に向けた私の決意を述べました。

2013_1009.jpg