検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 党宮城県本部仙南総支部の国政報告会に出席

_1_20140630115905c9d.jpg

6月29日(日)、私は宮城県名取、白石の両市で開催された党宮城県本部仙南総支部の国政報告会に出席し、安全保障法整備に関する与党協議会や党内議論の現状などを中心に講演しました。

講演の中で私は、「公明党は結党以来、『平和の党』として平和を築くために努力し、今も平和のためにどうしたらいいかを考え闘っている」と述べた上で、安保法整備に関する論議を通じて「平和の旗を掲げ、平和国家・日本としての道筋をしっかりつくっていきたい」と強調しました。
また、与党で協議中の自衛権の行使について「国の存立をまっとうして国民を守るために他に手段がない、必要最小限の武力行使だと明確な基準をきちんとすれば、憲法上認められる自衛のための武力行使だからこれは認めていいのではないか。あくまでも自国防衛であり、これ以上のことは認められない」と説明。
併せて、「他の国にまで行って、その国を守るために武力行使するような集団的自衛権は憲法上認められない。ここから先は憲法改正しかないことを、今回(の議論で)明確にする必要がある」と指摘しました。
武力行使により「戦争に巻き込まれるのではないか」と不安視されていることに対しては、「あくまでわが国の存立、国民の権利を守るために自衛の措置としての武力行使だ」として、他国の戦争に巻き込まれることはないと述べました。
今回の安保法制の見直しで「専守防衛が変わるのではないか」との懸念には、「専守防衛にまったく変わりはない。これはあくまで憲法上認められた自国を守るための武力行使だ」との考えを示しました。