検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 記者会見で喫緊課題について見解

_1_201503141147250d5.jpg
3月13日(金)午前、私は国会内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故で生じた汚染土などの中間貯蔵施設(福島県大熊町・双葉町)への試験搬入が同日開始されたことに関して、国に対し「施設、搬送の両面にわたる安全確保など、責任を持って関係者の理解を得ながら進めてもらいたい」と求めました。

私は、中間貯蔵施設の搬入開始(双葉町側は25日から)の意義について、「福島復興の大前提となる除染を進める上で不可欠な施設で、事故発生以来の難題だった汚染廃棄物の撤去へ一歩を踏み出した」と説明しました。両町関係者の「苦渋の決断」に、心より敬意と謝意を表しました。
その上で、本格搬入に向けては、広大な用地取得などの課題が残っていることから「何といっても地権者の理解が最も大事だ。地権者は原発事故の被害者でもある。一人ひとりに寄り添った具体的な対応が重要だ」と指摘しました。

一方、16日から参議院で審議が始まる2015年度予算案について「国民生活に極めて密接で重要な予算だ。何としても早期成立を図らなければならない」と強調しました。安全保障法制整備に関する与党協議に関しては、「実際に法文化してみなければ具体的に判断できないこともあるので、一定の中間取りまとめが必要ではないか」と述べました。