検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 北海道で街頭演説会に参加

0405inoue.jpg

4月3日(金)、4日(土)、私は北海道内各所で行われた街頭演説会に参加し、奮闘する統一地方選の公明候補への絶大な支援を訴えました。

街頭演説会であいさつに立った私は以下のように訴えました。
今、住んでいる地域で、若者も高齢者もそれぞれ人生設計を描き、安心して生活できる、そういう地域をつくること。それが公明党の訴える「人が生きる、地方創生。」です。
地域で若者が結婚し子育てするには、安定した仕事と子育て支援の仕組みが必要です。高齢者にとっては、医療や介護が必要な時に受けられる仕組みが大事です。また、防災・減災も着実に進めなければなりません。そういう地域をどうつくるのか、その担い手を選ぶのが今回の統一地方選です。
地方議員は、首長の仕事をチェックすると同時に、皆さんの小さな声を受け止め、それを政策にして実現する力が求められます。だから、そういう力のある人を地方議会に送り出さなければ、地域は良くなりません。
また、地方創生を実際に進めるためには、地方議会と国会の連携も重要です。公明党は、全国3000人の地方議員と国会議員が緊密に連携して、皆さんの声を政治に届け、政策を実現するネットワークがあります。
公明党のネットワークの力を実感したのが東日本大震災です。被災地では自ら被災しながらも議員が避難所にとどまり、被災者の声を市政や県政、国政に届け続けました。弔慰金制度の法改正や、全ての仮設住宅の風呂に追いだき機能を付けたことなどは、地方議員が受け止めた声を基に、国会議員が国会で取り上げ、国に直接訴えて実現したものです。
地方議会にも国会にも議員のいる政党は他にもありますが、政治に責任を持って、国で予算を付けて実現するという力がなければ本当のネットワークではありません。
予算に反対しておきながら、「自分たちがやった」と言う無責任な政党に地域は任せられません。公明党は必ず皆さんとの約束を実現します。ぜひ勝たせてください。