検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 米軍属逮捕、実効性ある再発防止策を ~政府・与党協議会に出席

20150523_1.jpg

5月23日(月)昼、政府と自民、公明の与党両党は、国会内で協議会を開き、私もこれに出席しました。

席上、私は沖縄県で米軍属が逮捕された女性死体遺棄事件について、「強い憤りを感じる。県民感情を考えても、(再発防止へ)実効性ある対策を取ることが必要だ」と政府に訴えのした。その上で、党内でも再発防止策を検討する方針を示しました。

菅義偉官房長官は、米国側に再発防止を強く要求したことを説明し、「実効性ある対策に向け、引き続き総力を挙げて対応していく」と述べました。

また私は、熊本地震の復旧・復興に関して、被災者個々の生活再建へ「きめ細かで、将来の見通しを持てるような対応をする必要がある」と指摘。政府に対し「(被災者の)生業、農業、中小企業の再建にもしっかり対応してもらいたい」と要望しました。

一方、近く閣議決定される予定の「ニッポン1億総活躍プラン」や経済財政運営と改革の基本方針「骨太の方針」などについて、「与党の意見を十分にくみ取ってほしい。政府・与党でしっかりとしたものをつくっていきたい」と強調しました。

大口善徳国会対策委員長は、同日の参院厚生労働委員会で、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者が参考人として意見を述べたことを踏まえ、「障がい者が国会で意見を表明できるよう工夫をしなければいけない。(国会の)議院運営委員会などで協議するようにしたい」と述べました。