検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 仙台市内で国政報告会を開催

20161205_1.jpg

12月5日(月)夜、仙台市内で本年最後の国政報告会を開催しました。私の国政報告の後、参加いただいた後援会の方々、各界の代表の方々と懇談・意見交換も行い、有意義な報告会とすることが出来ました。

国政報告の中で私は、現在国会で審議が行われている年金制度改革関連法案に触れ、「現役世代が高齢世代を支えるという構図で、現在の年金制度は成り立っている。年金の支え手である現役世代の賃金が下がった場合、それに見合った給付とすることが年金制度を維持する上で必要である」と訴えました。その上で、「将来世代の給付水準を確保することが、年金制度の安定につながる」とし、今国会での成立への意欲を述べました。
統合型リゾート施設(IR)整備推進法案に関しては、「日本の刑法の歴史の中で、賭博の違法性を阻却してきたことは、過去に一度もない」とし、極めて慎重に判断をするべきであると述べました。一方で、地域によっては積極的に誘致活動を進めてきた経緯があり、また社会のありようにも関わる問題でもあるとして、採決については党議拘束をかけず議員個人の判断に委ねると説明、理解を求めました。
その他、例年よりも早く流行している鳥インフルエンザに対する党や政府の対応、夏に行われた参議院選挙の報告と御礼などを行いました。

あいさつの後、参加された皆様お一人お一人と懇談し、現在の状況や課題解決に向けての意見交換を行いました。