検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • 仙台市内で国政報告会を開催

20170313a.jpg

3月13日(月)夜、仙台市内で井上義久国政報告会を開催しました。私の国政報告の後、参加いただいた後援会の方々、各界の代表の方々と懇談・意見交換も行い、有意義な報告会とすることが出来ました。

国政報告の中で私は、はじめに東日本大震災から3月11日でまる6年を迎えたことを踏まえ、犠牲になられた方々に改めて哀悼の意を示すとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げました。また、インフラの復興が着実に進みつつあるものの、一方でいまだに12万人を超える方々が避難生活をされ、4万人を超える方々が仮設住宅での生活を余儀なくされているとし、「最後の一人まで、人間の復興・心の復興を成し遂げる」と述べました。
1月20日に召集された通常国会については、24日に行った代表質問の中で、「人口減と高齢化に伴う課題」「現在の連立政権の中での公明党の役割」について問題意識を持ち、取り組んでいると報告。
東京都議会議員選挙については、「いち地方選挙であるが、国政にも影響を与える重要な選挙」とし、国政と都政の違いを踏まえた上で現在の都議会についての状況を報告するとともに、国政への影響は無いということ、そしてご支援のお願いをいたしました。
その他、現在の国会の政局や、文科省の天下り問題、天皇陛下の退位について講演しました。

あいさつの後、参加された皆様お一人お一人と懇談し、現在の状況や課題解決に向けての意見交換を行いました。