検索フォーム

プロフィール

井上義久

Author:井上義久
衆議院議員(公明党:比例区東北ブロック)富山県富山市出身
東北大学工学部金属加工学科卒業。

現役職:公明党幹事長

詳細はこちら

月別アーカイブ

  • “勝ち抜ける力”磨こう ~党京都府本部の夏季議員研修会に参加

20170805_1.jpg

8月5日(土)、私は京都市で開催された党京都府本部(竹内譲代表=衆院議員)の夏季議員研修会に、竹内府代表、山本香苗、熊野正士の両参院議員と共に出席し、「次の戦いを勝ち抜けるよう、議員力を磨き、団結して出発しよう」と呼び掛けました。

私は、7月の東京都議選を踏まえた今後の地方選挙での取り組みのポイントとして、
(1)地方選挙において大きな争点があった場合、自治体の首長との立ち位置を明確にすることが重要になる
(2)日頃の党勢拡大の活動などで、どんな情勢でも勝ち抜ける力をつける
(3)議員や党員らが日常的に政治学習を行い、国政の問題の影響を受けてもしっかりと打ち返していけるようにしていく―
の3点を挙げました。

さらに、地域の課題解決に取り組む際の議員のあり方について、「地域の主体者である住民をサポートする姿勢に立ち、共に署名活動などに取り組むことが大事だ。それが政治への信頼を『点』から『線』、そして『面』にしていく」と語りました。また、情報を素早く拡散できるツールであるラインやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用に挑戦するよう呼び掛けました。

研修会では、竹内府代表が「京都から公明新聞の拡大に率先して取り組もう」と力説。山本さんが「介護保険を巡る各地域の課題を認識しておこう」、熊野氏が「ギャンブル依存症対策や受動喫煙防止に全力を挙げる」と訴えました。平安女学院理事長の山岡景一郎氏が講演しました。